「みんな」という圧力

こんばんは、藍色リサです。

みんな、言ってる。
みんな、思ってる。
みんな、持ってる。

そう言われるのが苦手です。
そんなふうに言われるときって、たいてい良い話ではなくて、こちらに対して批判とか非難とかを訴えたい内容で。

例えば、
あなたの考えは間違ってるって、みんな言ってる。
あなたのやってることはおかしいって、みんな思ってる。
あなたは要らないって言うけど、みんな持ってる。

言う側は「みんな」を後ろ盾にして圧力をかけてきます。
自分はみんなの代表なんです、と言わんばかりに。

言われる側は、みんな=世界中の人たちのように受け止めてしまい、かなり落ち込みます。
自分の味方は誰一人いない、ひとりぼっちだと。


昔働いていた職場でもめ事が起こり、AさんがBさんに対して
「Bさんは生意気だって、みんな言ってるわよ」
と言ってしまったらしい。
Bさんは、職場の全員に
「Aさんに、私のことを生意気だと言いましたか?」と確認して回ってました。
結果、誰も言ってなかったという事実が判明。

そして、私も以前働いていた職場で
「これっておかしいですよ、みんな言ってますよ」と言われて、そのときは落ち込むよりもムカっとなって
「みんなって、あなた以外に誰と誰?」と突っ込んでしまったことがあります。
結果、答えられずに歯ぎしりして去って行きました。


だから、
「みんな」って、言ってるその人一人だけの場合が多いんじゃないかと思います。
きっと、後ろ盾はいません。いたとしても、2〜3人程度です。