「女性は土俵から降りてください」問題について

こんばんは、藍色リサです。

大相撲の「土俵上は女人禁制」という伝統(しきたり)の是非については語りません。


まず、女性の方(看護師らしい)が心臓マッサージを始めるまでの間、倒れた舞鶴市長を囲んでいた男性陣は何をしてたのでしょう? 何をしたかったのでしょう?

オロオロしてた? 立ちすくんでいた? ただただ見守っていた?
それは、何をどうしたらいいのか分からないから? 医療関係者じゃないから迂闊に手を出せないと思って? 救命処置が必要なのは分かっていたけど自信がなかったとか?


私ね、大相撲の巡業に行ったことがあるんです。
たいてい、体育館のような施設でおこなわれるから、AEDは置いてあるはずですよね。

そして、力士だけではなく、親方、行司、呼び出しなど協会関係者は多数います。
主催側のスタッフもいるはずだし、観客も女性だけではありません。
協会関係者、主催側、観客の男性たちの中に心臓マッサージのできる人はひとりもいなかったのでしょうか?


「協会関係者が誰一人心臓マッサージをできなかった」というのは、問題だと思います。
「土俵上は女人禁制」というしきたりを守り続けるのなら、男性だけで対応できる力を身につけてください。

また、この機会に舞鶴市は、市民の救命講習受講を促して「救命処置のできる市民が日本一多い市」を目指してもらいたいです。


あのとき、
「女性は土俵から降りてください」
ではなく、
「救命処置のできる男性は土俵周辺に集まってください」
と言うべきでしたね。