修学旅行の思い出をふたつ

こんばんは、藍色リサです。
今週のお題「修学旅行の思い出」
について、ふたつお話しします。

その1・中学時代

何日目だったかな。
私の班、全員寝坊しました。
誰かが起こしに来たのか、寝ていた誰かが突然目を覚ましたのかは覚えていません。

慌てて朝食の会場に駆け込んだら、私の班以外の同級生全員が待ってて(300人近く)。
みんなの目が一斉に向けられて、謝るしかないですよね。

確か、その日のスケジュールの一部が変更になりました。
ごめんなさい。

その2・高校時代

同じ班の子が、寝言で歌を歌ってました。
あまりにも明瞭な発声と正確な音程で、みんな、最初は寝言だと思わなかったほど。

話しかけても反応なく歌い続けてるので、みんなでワアワア大笑いしたよなー。
それでも起きなかったな、あの子。

翌朝、本人に話してみたけど、もちろん全然覚えてなかったです。