ゲーム機の思い出

こんばんは、藍色リサです。
今週のお題「ゲームの思い出」
ということで、年齢層がバレますけど、小学生時代の話をします。


いわゆる「ゲーム機」に限って言うと、ファミコンよりも前の「電子ゲーム」「LSIゲーム」が、私が初めて買ったゲーム機なんです。
お年玉を使って、たぶん当時の大型ショッピングセンターのおもちゃ売場で買いました。


それはどこのメーカーのなんていうゲームだったのか、どうしても思い出せないんだけど。
二つ買ったのは覚えてて。

ひとつは、ニワトリが産み落とす卵をキャッチするゲーム。
落とすと、目玉焼きを作るときみたいな画になっちゃう。

もうひとつは、ロボットとベルトコンベアーが出てきた記憶があって。
工場で何かを組み立てるような感じだったかなー。
ちょっと曖昧。


ファミコンは父が買って来ましたね。
パックマン、ポパイ、ゴルフは遊んだ記憶があります。
マリオ、ディグダググラディウスも遊んだかもしれません。うちにあったのか、友達の家にあったのか。


友達の家といえば、インベーダーがあったんですよ。
当時、怪しい雰囲気の喫茶店とかに置いてあったテーブル型の。
お父さんが廃業した喫茶店から貰ってきたとか言ってたかな。


そういえば、テーブル型のブロック崩しもあったような。
私はインベーダーみたいなシューティングよりブロック崩しのほうが好きです。
大人になってからも「さめがめ」「ズーキーパー」「ツムツム」みたいな落ちゲーが落ち着くので。