日経ウーマン2018年11月号(手帳特集)

こんばんは、藍色リサです。
手帳術特集の季節がやってきました。
 

日経ウーマンのミニサイズ版を買いました。
表紙の北川景子さん、美しいですね。
 
手帳特集のタイトルは
書くだけで、自分が見える!夢に近づく
未来が整う!手帳の書き方 Sample300

です。
日経ウーマンはいつも「夢」「理想」「未来」といったキーワードが並んでいますよね。
 
PART1は「仕事に効く手帳術」
13人の女性たちの手帳術と種類別の使い方テクニックが紹介されています。
バーチカルを使っている方が多いです。
私は「ほぼ日手帳」を使っているけれど、あえて外しているのかなって勘ぐってしまうほど、ほぼ日手帳が紹介されていません(笑)。
前は、ほぼ日ユーザーがたくさん紹介されていたのになぁ。
 
PART2は「デジタル×アナログ活用術」
デジタルツールと紙の手帳の使い分けについて、2人の女性が紹介されています。
ひとりは、カレンダーアプリに入れた予定を手帳に転記、タスクはEvernoteで管理しつつ、当日のタスクは手帳に転記。
もうひとりは、仕事は手帳、プライベートは2つのカレンダーアプリ。
そういえば、私もほぼ日手帳を使いつつ、カレンダーアプリもEvernoteもたすくまもTodoistも使っています。
 
PART3は「書くだけで充実!のコツ」
5人の女性たちの手帳の書き方と、質問家の河田真誠氏による「質問」手帳術が紹介されています。
紹介されている方々は「手帳タイム」を設けて、びっしり書いたりデコったりしていますね。
私は寝る前に書くことが多いですが、たまーに翌日に持ち越すこともあります。
「質問家」って初めて知りましたけど、私はこういう質問系に答えるのが苦手だったりします(^^;;
 
PART4は「夢&目標に手が届く手帳術」
5人の女性たちの手帳術と、「原田式」という手帳術が紹介されています。
試験合格、ダイエット、家計簿と、5人ともびっしり書いています。
ここでやっと、ほぼ日ユーザーが登場しました。
「原田式」というのも初めて知りました。「目標達成ノート」の著者だそうです。
ああ、私はPDCAも苦手なんだよなぁ。
 
手帳プレゼントには、ほぼ日手帳はありませんでした(笑)。
例年通り、NOLTYキャレルの紹介はありました。
 
今年は全体的に物足りない印象です。
えっ、これで終わり??って思いました。
ページ数は昨年と変わらないけれど、昨年のほうがまだ読み応えがあるなぁ。
アソシエが休刊していた分、楽しみにしていたのでちょっと残念。
時間がなかったので書店で手に取ってすぐ購入したけれど、立ち読みしていたら買わなかったかも。
 
 

ミニサイズ版にも別冊付録のまんがが入っています。
「自信が持てる!大人の話し方」
今の私は人前でプレゼンしたりスピーチしたりする機会がないので、活かせるかどうか分からないけれど、まあ面白く読めました。
 
 

日経ウーマン 2018年 11 月号

日経ウーマン 2018年 11 月号

通常版はスマホケースが付いています。
 
日経WOMAN 2018年 11月号増刊・ミニサイズ版

日経WOMAN 2018年 11月号増刊・ミニサイズ版

私が購入したのはミニサイズ版のほうです。
 

自分の手帳のことも、そのうち書きますね。
 
Evernote

Evernote

保管箱状態になっているEvernote
 カレンダーアプリはStaccalを使っています。
 
Taskuma --TaskChute for iPhone

Taskuma --TaskChute for iPhone

  • Sayaka Tomi
  • 仕事効率化
  • ¥3,600
タスク管理アプリのはずだけど、行動を記録して振り返っていない。
 こちらもタスク管理アプリ。自分の中ではそれなりにたすくまと使い分けができているような気がしてます。
 
原田隆史監修 目標達成ノート STAR PLANNER

原田隆史監修 目標達成ノート STAR PLANNER

原田隆史監修 目標達成手帳 STAR PLANNER

原田隆史監修 目標達成手帳 STAR PLANNER

原田氏の著書と原田式手帳。
 
THE21 2018年 11 月号

THE21 2018年 11 月号

THE21と言えば、野口悠紀雄氏ですよね!
すごい人たちの手帳術が紹介されていますよ。
(立ち読みでごめんなさい)
 
日経トレンディ 2018年 11 月号

日経トレンディ 2018年 11 月号

日経トレンディは手帳術ではなく手帳の紹介でした。