ジブン手帳公式ガイドブック2019

こんにちは、藍色リサです。
夕方から仕事なので日中に更新します。
 
ほぼ日手帳ユーザーの私が、久しぶりにほぼ日手帳公式ガイドブックを購入したわけですが

 
なぜかジブン手帳の公式ガイドブックも買ってしまいました(^^;;


実は、ここ数年、ジブン手帳も検討しているんですよ。
スタンダードは数字のフォントがどうしても苦手なので、ビズ一択なんですけど。
マンスリーとバーチカルだと、日記を書くスペースが足りないのと、天気マークやニコニコマークが私には不要で。
毎年チェックはするけれど、ほぼ日手帳から乗り換えるまでには至らない次第です。
 
 
話を公式ガイドブックに戻しますね。
こちらは、ジブン手帳を制作された佐久間英彰さんが著者、販売しているKOKUYOが協力しています。
手帳本体やカバー、文房具の詳しい解説はもちろん、ユーザーの使い方も紹介されています。
ギャル曽根さんは文具好きで親近感がわきました。色分けされていて、パッと見ても分かりやすいです。睡眠時間が短い......
霜降り明星さんは、全然知らない漫才コンビです。それぞれ、筆跡にそのときの気持ちが表れていて面白いなと思いました。
そのほか、ユーザーの手帳の中身を拝見すると、色分けしている方がほとんどでした。
気になったのは、
 

  • マンスリープロジェクトで、できた項目を色で塗りつぶしたり、スタンプを貼ったりすると達成・未達成が分かりやすい。
  • 仕事や予定を入れたくないところにマスキングテープを貼ってブロックする。見た目も楽しい。
  • バーチカルの左側に予定、右側に実績を書く。私も現在実施中。

 
です。
来年からは、ほぼ日手帳カズンをメインに使うので、とくに年間スケジュールやバーチカルの使い方について、もっと読み込んで参考にしたいなと思いました(ほぼ日手帳公式ガイドブックより、ジブン手帳公式ガイドブックのほうが、参考になると感じています)。
 

たぶん、2020年もジブン手帳を検討するとは思うんですよね。
でも、まだ2019年が始まっていないので、その話はまた一年後ぐらいに(笑)。
 

   
今日も読んでいただき、ありがとうございます!
読者登録、Twitterのフォロー、コメントをいただけると嬉しいです(^^)
よろしくお願いします♪