Macがウイルスに感染した?

こんばんは、藍色リサです。
 
MacSafariで年賀状用の素材を探す旅に出ていました。
とある無料素材配布サイトで良さげな素材をポチポチとダウンロードしていたところ
「ピー!」
突然、高い音が鳴り、Safariの画面が変わったんですよ。
 
表示されたのは、Apple公式サイトっぽいサイト。
そして
トロイの木馬に感染しました」
というメッセージ。
ひとまず「OK」で閉じると
「あなたのシステムは3つのウイルスに感染しています!」
ですって。

  • 3つのウイルスの内訳は、2つのマルウェアと1つのフィッシング/スパイウェア
  • システムの損傷:◯◯% ←忘れました(^^;;
  • 損傷が永続的である前に残り◯◯分◯◯秒

と詳細っぽいことまで言ってきて焦らせます。
 
 
心臓に響く高い音で血の気が下がってしまいました。
「今すぐスキャン」ボタンはクリックせずに、画面をそっ閉じ。
ドキドキ動悸が収まるまで、Macのネットワークを切断。
 
気を取り直して、iPhoneで検索したら出てくる出てくる。

 
「MacKeeper」もしくは「MacCleaner」をインストールさせる悪質なやつです。
マルウェアスパイウェアはお前自身だー!!!!
 
ヒットしたサイトたちで紹介されていた「Malwarebytes」をインストールしてスキャンしたところ、マルウェアは検出されず一安心。
あの無料素材配布サイトは誤クリック狙いでマルウェアも配布しているのか、それともサイトが感染しているのか......?
年賀状用の素材は、ちゃんとしたサイトで買いなさいということかしらね(^^;;
 
 
ウイルス対策として「Sophos」を入れているのですが、ちょうどアップデートのデータをダウンロード中でした(^^;;
Windowsを使っているときと比べると、Macで警告が表示される機会は少ないので、つい気が緩んでしまいますね。
ちなみに、Windowsではウイルス対策ソフトのアップデートが追いつかず、最新のウイルスに感染した経験があります(後始末が超面倒!)。
基本は、警告が表示されたらまずLANケーブルを抜くとか、無線LANだったらネットワークを切断するとか(ワケ分からない!ときは、ルーターやモデムの電源を切ってしまう)して、落ち着きましょう。
 
そんなわけで、アドウェアマルウェアスパイウェアランサムウェア......迷惑な話です。
手の込んだ巧妙なことをする暇があったら、まっとうな仕事をしなさいよと言いたい。
私はこういう、人から迷惑がられるような仕事は絶対にしないと、改めて思いました。
 

 
 
今日も読んでいただき、ありがとうございます!
読者登録、Twitterのフォロー、コメントをいただけると嬉しいです(^^)
よろしくお願いします♪