iPhoneのバックアップがうまくいかない話から

こんばんは、藍色リサです。
本日お昼過ぎから、iPhoneのバックアップを試みているのですが、うまくいきません。
 
私が使っているのはiPhone SEです。
毎日、自動的にiCloudにバックアップが行なわれているのですが、ときどき手動でMacにもバックアップを取っています。
 
Macにバックアップを取る方法は二つあって、

なんですが、今日は久しぶりにサードパーティーアプリの「PhoneView」を使うことにしました。
 
 
PhoneViewを起動するとアップデートするよう促されたので(たいてい久しぶりに起動するので、たいていアップデートがくる)、指示通りアップデートしました。
そして、MaciPhoneをUSB接続して、読み込みを待っていたところ......
「容量不足でできないよ!」
みたいな英文で怒られました。
 
Macから要らないファイルを削除してHDDの空き容量を増やしたり、起動させていたアプリを終了してメモリを解放したり、できることをやって再度接続しましたが、同じエラーで進めません。
 
 
仕方ないので、検索して「iMazing」というアプリをインストールしました。
がしかし、
「お使いのデバイスに問題があるためバックアップできません。スナップショットフォルダを削除できませんでした。」
という感じのエラーでバックアップできず。
 
 
今度は「AnyTrans」というアプリのMac版をインストールしました。
がしかし、
「お使いのmacOSは対応していません。」
というエラーで起動せず。
私の使っているMacのOSは「OS X 10.10.5(Yosemite)」で確かに古いんですけどね、AnyTransの動作環境には「10.10」も入っているのに......
 
 
サードパーティーアプリは諦めて、iTunesを使うか......と観念してiTunesを起動。
がしかし、
「エラーが発生したためバックアップできませんでした」
ですって!
 
このとき、iPhoneiOSは最新版ではないのに、iTunesには「最新版を使っています」と表示されていて不思議だなと思ったんですけど。
とりあえず、iPhoneiTunesそれぞれをアップデートしました。
そうしたら、iTunesの「今すぐ手動でバックアップ」がグレーアウトで選択できなくなったんです(><)
なぜ??
 
 
再び、サードパーティーアプリ探しの旅に出て、先ほど起動できなかったAnyTransの別バージョン?「AnyTrans for iOS」をインストールしました。
こちらは無事に起動したものの、
「バックアップをするには、iTunesで暗号化を解除してね」
とやんわり怒られました。
 
iTunesを再起動したところ、
「お使いのデバイスは、このMacのOSに対応してないから、認識できませーん」
と拒否されてしまい、暗号化の解除もできず。
 
 
こうなったら、MacのOSをアップデートするしかありません。
HDDの整理をして空き容量を増やし、外付けHDDのTime Machineにバックアップを取り、いざ「macOS 10.14 Mojave」をインストールだぜ!と覚悟を決めたら
「お使いのMacにはインストールできません」
よく見たら、私の使っている「MacBook Pro 13' Mid 2010」はMojaveの対象外でした。
 
気を取り直して、ひとつ前の「macOS 10.13 High Sierra」をインストールすべく、粛々とダウンロードしております。
正直なところ、High Sierraを入れたら超重たくなるのではと心配です。
 
このMacBook Proを購入したときのOSは「Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)」でした。
そこからひとつ飛ばして「OS X 10.8 Mountain Lion」にアップデートして、またひとつ飛ばして「OS X 10.10 Yosemite」にアップデートしたわけですが、これが限界かなと感じて、ストップしていたんですよね。
(メモリは4GBから8GBに増設しています。メモリの増設ぐらいなら自分でできます)
 
しかし、今の私には新しいMacを買う余裕なんて全然ないので(整備済製品さえも厳しい)、騙し騙し使っていくしかありません。
単にiPhoneのバックアップを取りたかっただけなのに、こんなことになるとは。
そして、ダウンロードはいつ終わるのだ。有線で繋いでおくんだった。
High Sierraのインストールは明日ですね。ふぅ。
 

 
 
今日も読んでいただき、ありがとうございます。
読者登録、Twitterのフォロー、コメントをいただけると嬉しいです(^^)
よろしくお願いします♪