定期課金しているもの

こんばんは、藍色リサです。

ふと「私が定期課金しているものって、何と何があったかな」と思ったので、書き出してみます。


たぶん、これだけだと思います。
年額と月額が混ざっていて分かりにくいですが、

  • 年額だと:40,488円
  • 月額だと:3,374円


高いのか安いのか、感じ方は人それぞれでしょう。
私は「まあ、こんなもんかな」と思っています。

iCloudストレージ50GB


iCloudストレージって、5GBは無料で使えますが、MacBook ProiPhoneiPad AirApple Watch......とAppleまみれの私には全然足りません。
とくに、iPhoneは自動バックアップを取っておかないと怖いので。

プランは50GBのほか、200GB・2TBがあります。
私は現在26GBほど使用しているので、50GBで事足りています。

iTunes Match


もしかしたら知らない人も多いかもしれないです。
簡単に言うと、パソコンのiTunesに保存してある曲をクラウドに上げて、iPhoneiPadなどほかの端末でも再生できるサービス(のはず)です。

CDを断捨離するときにiTunesに取り込んだんですが、Macを立ち上げないと再生できないのが不満でした。
なので、日本でサービス開始されたときにすぐ飛びつきましたよ。
全部アップロードするのに数日かかりましたねぇ。

Evernoteプレミアム


無料プランのときは、月のアップロード容量を気にかけながら使っていました。
上限に達したら、月が変わるのを待てばいいだけの話なんですけどね。

OCR機能が始まったときに、これは!と思ってプレミアムへ。
(精度を上げるために手書き文字を送るイベント?に協力したなぁ)
ときどき、キャンペーンがあったり、サーバーの不具合で1年分のチケットをもらったり。
確か、今は値上がりしてるんですが、よくわからないけれど課金は4,000円のままです。

Office 365


もともと、単発的にExcelやWardが必要なときだけ課金して使っていました。
昨年の夏ぐらいからずっと更新しています。
今さらだけど、年額にしておけばよかったかも。

たまにしか使わないので、久しぶりに起動するといつもアップデートがあって、イラッとします。
MacにNumbersとPagesが入っているからOfficeは必要ないでしょう、オープンソースの無料アプリとかGoogleのアプリとかあるでしょう、と突っ込まれそうですが。
ExcelとWordに慣れすぎて、ほかのは使い勝手が良くないんですよね。

ここだけの話、本当に使いやすかったのは「クラリスワークス」でした。

Amazonプライム



地方に住んでいるので、お急ぎ便を指定したとしても意味のないことが多く。
一番恩恵を受けているのは「プライムフォト」です。
少し前から、Macに保存してある写真をアップロードし始めました。たぶん、全部終わったようです。
毎日、iPhoneアプリで「◯年前の今日」撮った写真を表示してくれます。

それから、プライムミュージックもよく使います。
iTunes Matchの意味は?と突っ込まれそうですね。

プライムビデオは年に数回、親戚の子どもたちが来たときに使う程度。

Kindle Unlimited



以前は、雑誌のバックナンバーを10冊ギリギリ登録して、読み終わったら解約、また読みたい雑誌や本が10冊たまったら登録、みたいなのを繰り返していました。
今は毎月更新しています。


こんな感じです。
もしほかにもあったら、後日追記しますね。
読んでいただき、ありがとうございました。

サブスクリプション――「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル

サブスクリプション――「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル